散居村について

農家(民家)が密集せず、散在する集落形態のこと

 

 富山県の西部に位置する砺波平野は、およそ220キロ平方メートルの広さを持つ庄川と小矢部川がつくった扇状地平野です。

 そこに屋敷林に囲まれた約7,000戸を超える民家(農家)が点在して散居景観を形成しています。

 砺波平野の散居村の成り立ちは、それぞれの農家が自分のまわりの農地を開拓して稲作を行ってきたということにあります。農地が自分の家のまわりにあることは、田植え後の朝夕の水の見回りや、肥料散布などの管理、刈り取ったあとの稲の運搬など、日常の農作業をするためにはとても効率の良いことでした。

 砺波平野の散居村の特徴としては、それぞれの家の周りに屋敷林をめぐらせてきたことです。屋敷林は「カイニョ」と呼ばれ、冬の冷たい季節風や吹雪、夏の日差しなどから家や人々を守ってくれました。スギの落ち葉や枝木などは毎日の炊事や風呂焚きの大切な燃料として利用されてきました。また、主要な屋敷林のスギやケヤキ、タケなどは家を新築する際の建材や様々な生活道具の用材として利用されてきました。

 このように散居村の農家の人々は、自分の住まいのまわりの農地を耕して米や野菜を作って生活の糧とし、日常生活に必要な資材を屋敷林から調達するという、きわめて自給自足に近い生活を送ってきました。

 

 散居村という集落形態は、砺波平野で暮らした先人たちが、自然に働きかけて自然との共生を図って伝えた知恵の結晶ともいえるものです。

 

 


1.散居村の成立と庄川

 砺波平野を流れる庄川は、かつては主流と幾筋もの支流に分かれており、その流れの変遷によって長い間をかけて扇状地形を創ってきました。この扇状地は、地表の土層が薄く、その下は砂や小石が堆積していますが、ところどころに土砂の堆積した表土の厚いところが形成されていました。
 その周りより少し高いところに家を建て、洪水の害が及びにくい周囲を開墾していったのです。
 ・扇状地の水田は「ザル田」と言われるほど、水持ちが悪く米作りで大切な水の管理が大変でしたが、

 庄川の表流水が豊富であったために、水を引くことが容易でした。
 ・近世に入り加賀藩の治水事業によって、庄川の流れが固定され、支流の川跡を基幹用水として利用し、その分水により、網目のような用水路網が作られていきました。一方、この用水路網によって、さらに

 廃川地の開拓が進み、散居村が広がって近世末には25万石の分高となっていたのです。

2.屋敷林

 屋敷林は、開拓していった当初、原生林の一部を残したのが始まりで、冬の季節風や春の強風などから

 家を守る防風林などとして、重要な役割を担っています。
 屋敷林には、スギ、ケヤキ、タケなどが多く植えられました。
 ・スギは、水を好む樹木で、降水量の多い砺波平野では良く生育します。
 ・落葉や小枝は、燃料となり、成長した樹木は、建築材料として利用されました。
 ・実のなる木や花の咲く木も植えられ、下草には、食用の薬草になる草本類も育てられ、屋敷林の中で

 、農家の自立した暮らしを支えました。

3.用水の活用

 ・用水は、水田に水を引くだけではなく、扇状地では井戸を掘ることが難しかったので、一部は、家の

 敷地内に引いて、洗濯や飲み水として利用されました。
 ・川には、自浄作用があるので、下流まで、きれいな水が流れていたのです。

4.農地・農村の変化(家の周りに田を集める)

 古代から中世にかけては、日本各地にも散村が多く存在していたが、農作業には多くの労力が必要なことから、次第に農家が集まって、集村化する傾向となりました。
 砺波平野でも、近世以降、散居村の形がくずれかねない動きもありました。
 ・加賀藩の「田地割」は、年貢を課す割合を公平にするため「くじ引き」で耕作地を決める制度でした

 が、人々は農地を交換し合って自分の家の周りの土地を耕すように務め、加賀藩もそれを認めました。
 ・第二次世界大戦後の「農地改革」によって、多くの農家が自作農となり、農地の交換分合が盛んに行

 われ、家の周りの農地を所有するようにしました。
 ・昭和30年代後半から「ほ場整備事業」が始まり、水田は大型化・直線化し、新しい農道や用水の整

 備が行われましたが、大型化した農地として家の周りに保有され続けました。
 近年、散居村の形は残っていますが、生活様式が大きく変わったため、兼業化とあいまって、農業と散居村との関連性が次第に薄くなっており、工場・住宅団地の混在化が進んでいます。

5.屋敷林の保全と地域づくり

 砺波地方では「タカ(土地)を売ってもカイニョ(屋敷林)は売るな」という言葉がありましたが、現代の暮らしの中で、屋敷林の効用は薄れ、強風による倒木の危険、落葉の処理や枝打ちに手間が掛かるため、家の改築などをきっかけに伐採をする家が増えています。
 散居景観にとって、屋敷林の減少は大きな危機となっています。砺波平野の長い歴史と風土の中で育まれた貴重な文化資産です。景観条例が制定されるなど、行政と地域全体で、保全していく取り組みが大切です。 

資料提供:となみ野散居村学習講座「となみ散居村を学ぶ」
         第1回講座資料(H19.3.17)より