となみ散居村ミュージアム

MENU

お知らせ

TOPお知らせとなみ散居村ミュージアムに遊びに来られ〜!

となみ散居村ミュージアムに遊びに来られ〜!
2020/02/24

交流館全景

梅の花が咲いたよぉ〜

鴨ちゃんが元気に活動中!

となみ散居村ミュージアムに遊びに来られ〜!
 方言 : 来られ〜 = 来てください

 冬も終わりに近づき、もうすぐ春が訪れます。
 散居村ミュージアム交流館の梅が咲き始めました。
 白くて小さい花がとても綺麗に咲いています。
 池には、かわいい鴨ちゃんも元気にしてますよ!
 さて、冬場の運動不足解消に向けた散歩や地域学習をオススメいたします。
 ミュージアムで散歩(健康のため是非どうぞ!!)
 散居村の農家と周辺風景を再現した敷地内は、全長約500m程の遊歩道が整備されており、どなたでも自由に散歩できます。
 ゆっくり散歩いただくには丁度よいコースです。
 情報館から伝統館へ(約130m)
 情報館は砺波地方の伝統的な家屋様式である「マエナガレ」をイメージした建物で、散居村関連の写真やパネルが展示してあり、入館無料です。
 情報館から伝統館へ向かう遊歩道を(左手側に鴨ちゃんが泳ぐ池)望みながら歩くと、右手側に伝統館が見えてきます。
 伝統館も砺波地方の伝統的な家屋様式で「アズマダチ」です。散居村は、個々の家が点在しているため、冬の季節風、夏の日差しを防ぐため屋敷林(カイニョ)を植栽していますが、伝統館もカイニョに囲まれた家です。(見学は無料です)
 伝統館から交流館へ(約250m) 交流館から情報館へ(約90m)
 交流館は「アズマダチ」を現代の生活様式にリフォームした多目的の建物です。「アズマダチ」は長い年月をかけて砺波平野の風土にあわせ、進化してきた建築様式です。伝統的な「アズマダチ」の構造を生かし、2世帯・3世代同居を推進する新しい生活居住空間のあり方を提案したリフォーム建物です。
 この各部屋はイベント・教室・会合(ご利用は有料となります)など、多目的にご利用いただけます。(見学は無料です)
 情報館から民具館へ(約50m)
 民具館は旧出町小学校の校舎1棟を移築した建物です。
 民具館では国の重要文化財に指定された砺波地方で古くから使われた農具や生活用具など約1,000点を展示しています。
 企画展示室1では県内で活躍する方々の企画展示を開催してます。入館料は100円です。(各種割引有り)
 磯井 真佐美の押し花   〜哀愁に誘われて〜 
        開催中〜   令和2年3月1日(日)まで
 宮脇 春美 パステル画展 〜想・心の風景〜  
        開催予告   令和2年3月7日(土)から


 スタッフ&鴨ちゃんで、皆さまのお越しを待っとっちゃ!
 方言 : 待っとっちゃ!=待ってます。です。
 ※ 鴨ちゃんはもう少しで居なくなる鴨(かも)?
   なので・・・・・今しか見れない鴨(かも)?
 
 
     となみ散居村ミュージアム
      〒939-1363 砺波市太郎丸80番地
      TEL(0763)34-7180 FAX(0763)34-7182
      休館日 水曜日・第3木曜日
施設を見学する 施設を予約する 施設内を散策する 施設は多目的にご利用いただけます 注意事項 散居村展望写真スポット
散居村フォトコンテスト
となみ野田園空間博物館
あずまだち高瀬
いのくち椿館
デジカメ写真コンテスト
散居村パネル
砺波で暮らそう。
全国散居村連絡協議会
となみ野JP
散居村とは
砺波正倉
となブロ